トップページ
会社情報
製品・サービス
ダウンロード
お問い合わせ
HOME > 製品・サービス > 塩水電解滅菌装置

塩水電解滅菌装置 (ハイポセル)


塩水を電解し、上下水道施設向け滅菌用次亜塩素酸ナトリウムを製造できるコンパクトな装置です。主に上水道施設に百数十台の実績があり、高い評価を受けています。
※ハイポセルは、日本カーリット株式会社の登録商標です。
1.安価なランニングコスト
塩と水を原料とし、無人運転にて生成するためランニングコストが安くなります。夜間電力を使用するシステムを採用することで、さらにコストを下げることができます。
2.ヒトにやさしい滅菌方法
生成次亜塩素酸ナトリウムは、弱アルカリ性のため取り扱いが容易です。安定性が高い塩を原料としているので、輸送・搬入・貯蔵が安全です。
3.安定した注入運転
液の濃度が長期間一定で、分解によるガスの発生やスケールの析出がないため安定した注入運転が行えます。このため注入方法は簡素化された種々の方式が採用できます。
4.拡散速度の速い滅菌
低濃度、弱アルカリ性のため、速い拡散で高い滅菌効果が得られます。
5.ノーマンコントロール
塩運搬車による受け入れ以外は、全自動無人運転が可能です。
6.豊富な機種
簡易水道用、配水池での追加塩素用から大規模浄水場までの機種をそろえております。
メカニズム


塩水を電解分解すると、次亜塩素酸ナトリウムと水素に分かれます。
水素は大気に放 出して次亜塩素酸ナトリウムを貯留し、注入します。

標準フローシート

>>画像クリックで拡大

機能一覧

ランニングコスト比較

COPYRIGHT (C) 2008 Seiryu Maintenance Co.,Ltd. All rights reserved