清流の森

授かったもの以上を地球に返したい
水環境の保全を軸に森林整備を進める

私たち積水化学グループは事業活動が自然資本に依存していることを認識し、「SEKISUI環境サステナブルビジョン2030」の名のもと、2030年には地球から授かったもの以上に地球に返して行くことを目標に掲げています。
その中で清流メンテナンスは、水環境の保全を主軸とした事業を展開しており、河川と海、そして人の自然と暮らしを見守る環境企業として、それらの源となる森林保全活動を実施し、活動を通じて地域社会との交流を深めていきたいと考えています。
その一環として進めているのが、高知県四万十市との間で結ばせていただいた「協働の森づくり事業」のパートナーズ協定(2010年11月締結)であり、四万十市西土佐半家にある市有林約67haを「清流の森」と名付け、協定締結から5年間に渡って四万十市の皆様と清流メンテナンス中村事業所・本社との交流を通じ、間伐などを行ってきました。
また2017年11月にパートナーズ協定を更新。四万十市板の川の市有林約26haを第2期清流の森と名付け、第1期清流の森と同様の活動を行っています。

四万十市の皆様と

共同での伐採作業を頑張りました。

  • 間伐作業の様子

  • 感謝状をいただきました。

  • 高知県様からのCO₂吸収認定証

これまでの主な活動

平成22年11月24日 協働の森づくり事業パートナーズ協定締結(5年間)
平成23年11月22日 第1回交流活動実施(以降、毎年社員による間伐体験を行っている)
平成27年8月29日 高知県より感謝状
平成27年11月24日 パートナーズ協定更新(5年間)
平成29年11月 第7回交流活動実施
  • 西土佐半家市有林(第1期)

  • 板の川市有林(第2期)